cream blog

美味しいもの、気になるお店、旅行記 etc…

プリペイドSIMカード 『AIS SIM 2Fly』 を買ってみたよ。

 

2019年にいくつか予定している旅行に向けて

海外(と日本)で使えるSIMカードを買ってみました。

アジア周遊用のプリペイドSIMカード  タイのAIS SIM 2Fly です。

AIS  SIM  2Fly

 

ここ数年は 毎回ポケットWiFiをレンタルしていました。が、、、

・日本でレンタルする場合

   -空港への到着が遅れたら 受取りが出来ないかも知れない。

      実際、変電所火災の影響で地元の電車が止まってしまい 飛行機乗り遅れるかも知れないという事がありました。

      どうにかギリギリの時間で空港にたどり着き WiFiも受取れて飛行機にも乗れたんですが、

       空港へ向かいながら 最悪WiFiは諦めなくてはいけないかも(T-T) と考えてました。

   -長距離移動になると 実際の使用日数より長くレンタルせざるを得ないため、ムダなレンタル料が掛かってしまう。

・現地でレンタルする場合

   -到着後、すぐに動けない。

      空港のレンタルWiFi / SIMカードのカウンターって人が多くて結構並んでるんですよね。

      ワタシは 日本で事前予約していたけれど 受け取れるまでに40分近く掛かった事もありました。

      時間が限られる旅行なだけに、この時間のロスはもったいないですよねー

      到着が夜遅かったりすると尚更で、一刻も早くホテルに向かいたい。

・荷物が増える

   -ポケットWiFiのセットって 地味に重くないですか?

       預け荷物に入れられないから、受取後〜現地まで&帰国日はずっと持ってないといけないし、旅行中もポケットWiFiだけじゃバッテリー持たないから、結局モバイルバッテリーも必須になるし。

        バッテリー気にして付けたり切ったりも面倒なので 繋ぎっぱなしにしときたい。

     -ワタシ元からカバンが重めなんですが、前回の旅行の時にフロントにスケールがあったので ふと街歩き用のバックを乗せてみたところ、3.5kgもあったんです(~_~;)

 

数年前、ソウル旅行の際に 現地のレンタルSIMカードがキャンペーンで

お安く契約できた事が何度かあって、SIMカード差替えの便利さは体験済みなので

やっぱりプリペイドSIMにしたいな〜 との思いがフツフツ。

 

けれど、現地調達のSIMだと

・到着後の動きが遅れる(「現地でレンタルする場合 」と同じ)

・自分で設定しないといけない場合もあり(ワタシ超機械オンチ)

・元々の電話番号が繋がらなくなっちゃうので 緊急連絡が受けられない

などなど デメリットもあって、結局日本でWiFiをレンタルしちゃってました。

 

なんですが、ワタシの思うデメリットを解消してくれるSIMカードに出会えたんです!

それが、タイで販売されている タイ国外のアジア諸国(除外の国あり)&オーストラリアで 使用できるプリペイドSIMカード AISの『SIM 2Fly』。

iPhoneであれば SIMを差替えるだけで設定は特に不要な事、日本でも使えるので 事前に差替えておけて 渡航先に着いたら自動で現地の電波を掴んでくれるそう。

そしてそして、動作は保証されてませんがTOP UPして新たなパッケージが購入できて、SIMの使用期限内(大体1年くらい)であれば 繰り返し使えるそうなのです。(もちろん、何かあっても自己責任ですが。)

素晴らしい〜☆

 

色々調べてみたら、最後の懸念事項であった電話番号が変わってしまう事も、

050の番号が取得できるアプリを入れて、元の番号から転送されるようにすれば

着信可能である事が分かりました。

 

これでデメリットが解消されたので、このSIMカード購入に踏み切りました。

で、先日無事に入手^ ^

AIS SIM 2Fly

 

旅行が近付いたら アクティベートしたり TOP UPしてみるので、

設定やら繋がり具合・使用感については、後日レポートしたいと思います。

 

2018年も残り僅か。

cream blogにご訪問下さった皆さま、読者登録して下さった方々に感謝です。

ありがとうございました。

来年もどうぞ宜しくお願い致します(。-_-。)

 

(C)2018-2019 creamcreamtea